アノネブログ。

休みたい、働きたくないOL。ドラマや映画の感想メインの雑記帳。

ラブコメに対する適格な突っ込みに爆笑。映画『ロマンティックじゃない?』

Netflixで配信が始まった映画『ロマンティックじゃない?』が面白かったのでレビューです。日本では劇場未公開です。

 

*ネタバレご注意ください*

 

f:id:chiba_c:20190303150343j:plain

画像出典元:www.warnerbros.com

 

原題:Isn't It Romantic?

公開:2019年(日本劇場未公開)

上映時間:88分

PG-13

 

あらすじ

 

主人公のナタリー(レベル・ウィルソン)は小さいころはロマンティック映画のような世界に憧れていたが、母親にそんなことは現実には起こらないと一蹴される。そして大人になったナタリーは建築家となるも、冴えない見た目と職場ではお茶くみ係として扱われる始末の日々に、世間にも恋愛に対しても皮肉屋になっていた。そんなある日、ナタリーは強盗にかばんを盗られそうになり、もみ合いの末、頭を強く打ってしまう。そして目覚めると世界はまるでラブコメの世界になっていた、、、。

 

 

 

感想

 

ラブコメに対する突っ込み適格すぎ
 
タイトルにもありますがとにかく適格すぎて笑えました。
 
例えば、
・洋服選びだけでワンシーンになる
・ヒロインすっころびがち。現実にそれだけすっころんでいたら何かの病気。
・ゲイの友達がいる。でも、誰も彼のバックグラウンドは気にしない。
・ハッピーエンドじゃなくてそこで終わってるだけ。その後に起こる現実は見せれないだけ。
 
 ♠すっころぶ主人公&ゲイ友がいる典型的なラブコメ
 

心の中で思っていたラブコメに対する違和感をズバリを指摘してます。そんなナタリーに対して、人生は美しく愛にあふれていると思えるのが良いんじゃないとアシスタントのホイットニーは言います。

そうなんですよね。所詮ラブコメだしこんなの在り得ないからと思う自分がいつつも、あったらいいなと夢を見させてくれるからラブコメって見ちゃうんですよね。そんな拮抗する自分をナタリーとホイットニーとが表現してくれています。ラブコメ好きだけど「いやいや所詮、、、」と思いながら見ている人、ぜひ見て下さい。

 

前半の主人公の扱いがヒドイです(笑ったけど)

 

世間に対して皮肉屋で人生良いことがないナタリー。それを強調するかのように、前半ではカートに吹っ飛ばされたり、電車で気のあるそぶりをしてきた男に騙され強盗に合いそうになったり。駅で強盗ともみ合っているのになぜか誰も助けません。

 

そんなナタリーの一言:

「Why does this shit always happen to me?」(なんで私(だけ)こんなことばっかり)

 

確かにw

 

特にカートで吹っ飛ばされるシーン笑えました。なんか私自身、自分の人生味噌っかすだな~って思えるときを象徴してるようで。

 

 
 
 
View this post on Instagram

Isn’t It Romanticさん(@isntitromantic)がシェアした投稿 -

 

テーマは自分応援映画。でも最後はラブコメ
 
ラブコメ世界(実際は頭を打って意識の無いナタリーの夢の中)の住人となったナタリーは、何もないのにすっころぶし、イケメンお金持ちのブレイク(リアム・ヘムズワース)に助けられるし、ヘマも含めて何もかもがラブコメのように好転していく中で自分に自信をつけていきます。そして”ありのままの自分”が好きだということに気付きます。元の世界に戻った(意識を回復した)ナタリーは自信に満ち、職場でもこれまでの遠慮がちなナタリーとは違って臆することなく主張、ついでにジョシュ(アダム・ディヴァイン)とも結ばれるという結末。
 
頭を打つ前と後のナタリーからは「皮肉なことばかり言って他人の人生を妬んでいるようでは良いことなんか起こらない」「ありのままの自分を受け入れるところから人生前向きに生きていける」「自分は何もしないくせに求めてばっかりではダメ」というようなテーマが見えてきます。ジョシュとくっつくのはおまけな感じで、まずは自分に自信を持ちましょうという自分応援映画だったのかなと思います。
でもですね、ナタリーには皮肉なことばっかり言っても嫌いにならず、なんなら諭してくれ、そして想い続けてくれたジョシュがいました。そして最後はくっついた二人。やっぱりナタリーもラブコメのヒロインじゃん!となってしまうんですけどね~。
 
そういえば、終始ナタリーが渡辺直美に見えて仕方ありませんでした。特に踊って歌ってるシーンなんかまんま渡辺直美でした。
 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

Hulu